脱毛時の施術は男性スタッフを指名したほうがストレスが減る場合もある 男性の脱毛

脱毛時の施術は男性スタッフを指定したほうがいい?

結論から述べると、男性スタッフを指定したほうがいいかどうかは、本人のイメージ次第です。

つまり、施術を受ける本人がストレスの溜まらないほうが良いということですね。

女性のほうが相談や話がしやすい方は女性のほうが、男性同士のほうが安心という場合は男性スタッフのほうが良い場合もあるでしょう。

特に男女どちらでも構わないという人もいるでしょう。

ただし、脱毛部位によっては男性スタッフのほうがいい所もありますよね。

特に考えず、いざ希望部位の脱毛を申し込んだ後で、「この部位だけは女性スタッフに見られるのはちょっと・・・」となってしまうと、脱毛に通うこと自体がストレスになりかねません。

まずは自分がどの部位を脱毛したいのか考えましょう

スタッフの事を考える前に、自分が脱毛に対して、勝手に思い込んでいるイメージを確認しましょう。

まず自分が脱毛してもらいたい部位をノートなどに書き込んでみましょう。

この時、優先的に脱毛を行いたい場所などを第一希望、第二希望などと書き込んでおくとよりイメージがつかみやすいです。

その部位を男女のどちらに見られるイメージですか?

次に、第一希望の脱毛部位を男女どちらの性別のスタッフに施術をしてもらうイメージか、考えて書き込んでみましょう。

例えば、男性脱毛で希望の多いひげ脱毛の場合、どうですか?

男女どちらでもよいという人もいるかもしれませんね。

施術方法が美容電気脱毛の場合は痛みの強いイメージがある男性も多いでしょう。

痛みがある施術の場合は女性の細い指での細やかな施術を受けたいというイメージを持っている方も少なくないでしょう。

一方で、すね毛や太もも部分の毛はどうですか?また、デリケートゾーンの脱毛なども考えている方は、そこを長時間、女性スタッフに見られ続けるのは抵抗がある方もいるでしょう。

すね毛のひざ下や太ももとデリケートゾーンのきわどいあたりなど、場所によって、「ここは女性にしてもらいたい」「ここは男性に」という要望が分かれる方もいますよね。

しかしこの場合、サロンに女性スタッフも男性スタッフもいるところを選んでおかなければ、このイメージとは違う施術となってしまいます。

イメージと違う施術はストレスを溜めてしまう原因となります。

ストレスは何度も通って初めて成功させられる脱毛にとっては大敵です。

サロンに施術スタッフの性別を確認しましょう

書き込んだノートを改めて見てみましょう。

第一希望の施術部位は男女のどちらのスタッフをイメージしているでしょうか。

俯瞰で見ると全体的に男性スタッフを希望しているとか、男女同比率で希望しているなど自分の傾向が分かります。

ここで初めて自分のイメージを自分自身が理解できたと言えます。

希望のサロンへ予約を取ったら無料カウンセリング時にスタッフの性別希望を伝えましょう。

部位ごとに細かく分かれている場合は、その旨も相談しておくと、ストレス無く脱毛に通えますよ。

※最終更新
東京アールズクリニック