キズ跡・ホクロ部分は不可! 男性の脱毛

キズ跡・ホクロ部分は不可!

脱毛を行う時に気を付けなければならないのがニキビ跡・傷跡・あざ・ホクロがある箇所の脱毛です。

なぜなら、脱毛を希望する箇所に傷跡・あざ・ニキビ跡・虫刺され跡が出来ているとその部分は出来ないと断られることもあります。

こういった跡は肌よりも色素が濃いために施術を行うと光脱毛の場合は反応し易くなっています。

傷が治れば施術をしてもらえるので傷が完全に閉じて治れば問題なく脱毛してもらうことが出来ます。

また脱毛方法がフラッシュ・レーザーの場合は、光がムダ毛の黒色に反応して毛根部分にダメージを与えて破壊しているのでメラニン色素が多いホクロにはとくに反応してしまうのです。

もしも光がホクロに反応すると肌がやけどしてしまう場合があるので、ホクロから出ている毛は脱毛が出来ないのです。

ホクロの周辺を施術する場合は、光が当たらないように位置を調整するか、ホクロにシールを貼って当たらないようにカバーしてくれる所もあります。

この部分をどうするかは、サロンで施術前のカウンセリングでしっかり相談して決めしまいしょう。

※最終更新
東京アールズクリニック