髪の毛は薄いのに体毛は濃いのはなぜ? 男性の脱毛

髪の毛は薄いのに体毛は濃いのはなぜ?

髪の毛は薄いにも関わらず体毛が濃いことに悩みを抱えている人も多いと言われますが、この原因は男性ホルモンの分泌量が多いことにあります。

男性ホルモンの分泌量は人によって異なりますが、多ければ多いほど毛深くなるものなのです。

それにも関わらず、なぜ髪が薄くなってしまうのでしょうか。

実は男性ホルモンの1つであるストステロンがジヒドロテストステロンという物質に変化すると、髪の細胞分裂を抑制して毛の成長をストップさせてしまうのですね。

テストステロンは変換酵素である5αリダクターゼの働きによって、ジヒドロテストステロンに変化するという仕組みです。

非常にホルモン活性が強いという特徴があり、毛乳頭の受容体と結合することにより、髪の毛母細胞の働きを抑さえてしまうのです。

そうすると髪に必要な栄養が行き届かなくなってしまい、血流が低下して徐々に毛が細くなり抜け毛が増え、全体的に薄くなるという特徴があります。

ジヒドロテストステロンの濃度は頭頂部や前頭部だけ多いという特徴があるのです。

だからこそ、男性ホルモンが多いとそれだけこの物質が生成されやすくなり、徐々に髪が薄くなってしまうというわけですね。

また、男性ホルモンの分泌量が多い人はすね毛・ワキ毛・胸毛・ヒゲ・アンダーヘアが濃くなるという特徴がありますよ。

このような部位が濃く、徐々に髪が薄くなってきているという男性は、男性ホルモンの分泌量が多いのですね。

髪が薄くなるのを予防するためにも、そして体毛を薄くするためにも、男性ホルモンの働きを抑制することができれば最も良いと言えるでしょう。

しかし、男性ホルモンの働きを完全に阻害するのは難しいですし、遺伝によってどうしても分泌量が多くなってしまうことはあるのです。

男性ホルモンが増えないように生活習慣を見直す方法もありますが、それによって確実に薄くなるかというと、そうとは言い切れません。

体毛が気になっている男性は少しでも早く処理したいと思っているはずです。

そのような場合は、やはりエステサロンに通って気になっている部位をお手入れすることが手軽ですね。

※最終更新
東京アールズクリニック