日本と海外の脱毛に対する認識はどう違うの? 男性の脱毛

日本と海外の脱毛に対する認識はどう違うの?

日本と海外の国々では脱毛に対する認識が異なると言われています。

たとえばアメリカは、日本よりもずっと前から脱毛処理が当たり前になっていました。

アメリカ人はおしゃれでファッションにもこだわりを持っている人が多いですよね。

だからこそ、女性だけでなく男性も昔から脱毛をする人が多かったと言われているのです。

但し、日本のようにエステサロンに通うよりは、自分でワックスやカミソリなどを使って処理するのが一般的です。

また、見た目の問題だけでなく、ニオイの問題からお手入れをする男性が多いようですね。

ムダ毛が生えていることによって雑菌も繁殖しやすくなり、体臭が発生しやすくなるのです。

そのため、汗をかきやすいワキやニオイが発生しやすいアンダーヘアを処理する人が多いと言われていますよ。

アメリカの半分以上の男性はアンダーヘアを処理しているとも言われていますので、日本に比べると非常に多いですよね。

また、肌の色や毛の色によって認識も異なるようですよ。

肌の色が濃いとムダ毛が目立ちにくいため、わざわざお手入れをする必要が無いという人が多いのです。

白色人の場合は肌の色が白いですがムダ毛もブロンドなどで目立たないことが多いという特徴があります。

ですから、目立たない場合はわざわざ処理をしないという男性も多いようですね。

しかし、肌の色が薄く毛の色が濃いという男性もいますので、そのような場合は処理をする人が多いのですね。

日本人の場合も肌の色は白よりも濃いですが、その分ムダ毛も黒色で濃いため目立ちやすいのです。

だから、美意識が高まっている日本の男性も脱毛をしたいと思う人が増えているのでしょうね。

最近では日本のように、海外でも男性が脱毛をするという人が増えてきているようです。

でも、男性がエステサロンに通ってお手入れをするという認識が少ないとも言われています。

確かに、安く手軽に自分でお手入れした方が良いと思う人もいるかもしれません。

やはりお肌のことを考えるのであれば、肌トラブルが起きにくいエステサロンを利用した方が安心ですよね。

今後は海外でも日本のようにエステサロンで脱毛を受ける男性が増えるかもしれませんね!

※最終更新
東京アールズクリニック